210『3人目の大人 バレンタインバージョン(セルフパロディ)』

pixiv
2014年2月9日 11:07

師匠から聞いた、ということになっている話だ。


「加奈子さんが僕に、チョコをくれる、くれない、くれる、くれない、くれる、くれない、くれる、くれn うわあああ」
 僕はその辺に生えていた花を投げ捨てた。
 けっして最後の一枚が不本意な結果になったためではない。我に返ったのだ。意味ないし。こんなことしても。バカバカしい。だいたい、さっきからずっと花びらが偶数じゃないか。もしかしてあの花、そういう統一規格なのか?
 今度は違う花にしよう。
 そんなことをぶつぶつと呟きながら歩く日々。
 バレンタインデーが近いのだ。
 ああ、バレンタインデー!
 高校生、そして中学生のころにも、これほどやきもきした記憶はない。大学1回生にもなって、たかがチョコに一喜一憂するなんて。自分がそんなガキだったなんて、驚いてしまう。
『ん』
『え、なんですかこれ』
『だから、ん』
『ん、って…… え、もしかして…… がさごそ、うわあああああああ』
 違うな。
 これは違う。ちょいテレ系で渡してくる人じゃない。
『ち、違うんだからな、これは! これはたまたまスーパーで買い物したときに福引で当たったやつなんだから! 食べ物かどうかも、中身がなにかも知らないんだからな。いらないから、あげるだけだから。勘違いするなよな。そ…… それに私チョコ嫌いだし、いらないからあげるだけだから……!』
 違う。
 こんなツンデレするときは絶対に裏があるときだ。逆に怖くて受け取れない。
『好きだ。つきあってくれ』
 直球。
 あの人らしいと言えば、あの人らしいが。
『チロルチョコだ。あげる。でもわかってるな。お返しは、期待してるからな』
 すごくありそうだ。凄くリアルに思い描ける。
 でも一番ありそうなのは。
『なんだ。さっきからもじもじして。どうかしたのか。トイレか? いっトイレ。がはは』
 これだ。イベント完全無視パターン。
 このおそれが最も高い。暗鬱な未来に光はないのか。
 そもそも師匠は、バレンタインデーに義理チョコでもなんでも、チョコをプレゼントする習慣があるのかどうか、それをリサーチしてみることにした。
 証言者1 小川所長(小川調査事務所の上司)
『ああ、加奈ちゃんか。去年はチョコくれたなあ。うちのトーマの分も。結構いいチョコだったような。ゴディバだったかな。服部くんはどうだった?』
 証言者2 服部(小川調査事務所のバイト仲間)
『…………』
 証言者3 卵男(隣人)
『去年いただきました。いっぱい持っていましたよ。部屋にたかりに行ったときに…… いえいえ、あはは。え? 自分で用意したチョコではなかったようですが。そう言えば、モテるから増えて困るとかなんとか。ああ、そうそう。以前、女子寮で起こる怪奇現象を解決して、それ以来毎年女性たちが送ってくるんだとか』
 証言者4 夏雄(筋肉はゴリラ、牙はゴリラ、燃える瞳は原始のゴリラ、つまりゴリラ)
『あ?(怒)』

 以上の証言を元に、師匠にもそれなりにバレンタインデーというイベントを意識している、という実績が確認できた。
 期待と不安。諦めと希望。
 僕は様々な感情に翻弄されながら、当日を迎えることになった。



「くれる、くれない、くれる、くれない、くれる、くれない、くれる、くれn…… うわああああ」
 近所の花はあらかたすべて千切ってしまい、仕方がないので脳内で花占いをしていた。かなり現実と虚構の区別がつかなくなってきている。自分でもやばいと思う。
 目の前の師匠も本物かどうかよくわからない。
「なんだ。どうしたんだ。急に家にきたかと思ったらだんまりで」
 首を傾げている。かわいい。
「あ、そうか。今日は2月14日か。そういうことか。忘れてたよ」
 くれる、くれない、くれる、くれない、くれる、くれない、くれる、くれn
「なんてウソウソ。あるよ。お前の分も。ほら」
 綺麗な包装の大きな箱が。
 くれる、くれる、くれる、くれる、くれる、なんだ、全部の花びらがくれるくれるの大フィーバーじゃないか!
「おい、どうした。いらないのか。変なやつだな」
 僕は師匠の手を、箱ごと握り締める。
「けっ、結婚しましょう!」
「はあぁ? 痛い。やめろ離せ」
「結婚して、子どもを作って幸せになりましょう!」
「なにトチ狂ってんだ。目が、目がイッてるぞおまえ」
「みんなでしゅっ、州の字になって寝ましょう!!」
「何人産ませる気だ! 普通、川だろ。離せって!」
 え?
「あ、離した。おい。どうしたんだ急に」
 いち、にい、さん……
 州の字で、大人に囲まれて寝る短い棒である、子どもの数は3人だ。
 しかし。
 一緒に寝る長い棒のうち、僕と師匠は2本、あとの1本は……
 そこにいてはいけない、3人目の大人の顔を想像して、僕は息を飲んだ。







 にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
posted by 巨匠 | Comment(0) | 師匠シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

PAGE TOP ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。